不動産の買取の専門家
家と芝生

土地や建物の買取は不動産会社が行うケースがほとんどです。
社内には不動産売買の専門家である宅地建物取引主任者が在籍しています。
宅地建物取引主任者は土地や建物の売買の専門家です。
宅地建物取引主任者は国家試験に合格し、宅地建物取引主任者証の交付を都道府県知事から受けています。
宅地建物取引主任者は、土地や建物の売買に必要な法律知識に精通しており、建築や税務など、関連する分野の幅広い知識を有しています。
その地域の相場に精通しており、直近の取引事例などにも詳しく、土地や建物の価格を適正に査定することができます。
土地や建物の買取を行う際には、価格査定を行うことが必要です。
価格査定は一般的に宅地建物取引主任者が行います。
土地や建物の査定は宅地建物取引主任者が行いますが、鑑定評価は不動産鑑定士という専門家が行います。
価格査定は法的拘束力はありませんが、鑑定評価額は法的拘束力がありますので、相続の際の参考資料や裁判での証拠資料としても使用できます。

不動産を売却して

不動産を売却して現金化するための方法には、業者に買い取ってもらう買取と、仲介を依頼して買主を探してもらう方法の2種類があります。
一般的には、仲介を依頼する方が高く売却することができます。
仲介を依頼しても、買主が見つからなかった時には、業者に買取をしてもらうことができます。
一刻も早く現金化したい時にも、買い取ってもらうことができます。
仲介を依頼すると、売り物件の看板が立ち、チラシなどでも公開されますので、誰にも知られずに土地や建物を売りたい時には、買い取りの方が適しています。
買い取りのメリットとして、仲介手数料は不要で、宣伝広告費も不要ですので、コストを負担せずに土地や建物を現金化することができます。
しかしこれらの経費の負担を考慮しても、仲介を依頼して買主を探してもらう方が高値で売却することができます。
時間がかかっても高値で土地や建物を売却したい人は、仲介の方が適しています。
とにかく急いで現金化したい人は、買い取りの方が適しています。

    家の内部

    便利な買取サービスがあります

     遺産として受け取った不動産が、自分が生まれ育った自宅だったような場合であれば、思い出があるのでそのまま持って...

    Readmore
    冬の家

    相続税の申告は

     家族が亡くなって遺産を相続するようになる人がかなりたくさんいます。死亡した人が全く財産を有していないというケ...

    Readmore
    ベランダ付きの家

    最近の動向

     以前は、業者との間で買取保証契約を結んで、あらかじめ設定しておいた時期までは、通常の販売活動を行うケースがほ...

    Readmore